トランスフォーマー 

2007/08/05 (日)

8月5日(日)に鑑賞。先日、オープンしたばかりのシネマハーベストウォークにてチェック。早速、会員カード作ってから、チケット購入。さすがに座席とかも新品で館内もピカピカ。

製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ。監督はマイケル・ベイ(この監督の作品では、「バッドボーイズ」、「ザ・ロック」がお気に入り。)。この2人が大まじめに、元々は日本のおもちゃのキャラクターだった「トランスフォーマー」を大金つぎ込んで映画化。

まずは、始まってすぐにトランスフォ~ム。最初っから、サービス旺盛ですね。最初からこんなに見せちゃって大丈夫なのかな、と心配になってしまいます。

もてない君のさえない高校生が主人公(この子、なんとなくデーブ・スペクターに似てる気がする。)。その彼が、実は重要な人物で、後に大活躍。好きになる女の子が、いかにもなセクシーガール。そのいじめっ子の彼氏がフットボール選手のマッチョ系イケメン。・・・といちいちわかりやすいハイスクール生活の設定になっていますね。

最初のうちは、車などがロボットに変身するシーンで驚き、感動してましたが、それだけで上映時間144分はちょっとつらいです。さすが、マイケル・ベイ監督。映像や特撮は凝ってるのに,ストーリーは凝ってないですね。「善のロボ」対「悪のロボ」というわかりやすい話だな・・。

無名の若手俳優を中心として展開させ、脇をジョン・ヴォイトジョン・タートゥーロなどのベテランで固めてます。ただし、この二人、あまり魅力的でなかったというか、なんか浮いてました。「アナコンダ」(1997年)のときのジョン・ヴォイトなんかの方がすんごい怪演で、いい味だしてましたが、今回は退屈ですね。

映画の終盤は、変身・爆発・変身・爆発・・・の連続で、ちょっと眠くなってしまいました。最初は感動してた変身場面もあれだけ観たら、さすがに目が慣れました。

トランスフォーマートランスフォーマーたちが主人公の男の子の両親に見つからないように庭に隠れるところはおもしろかったです。ロボットと自宅の庭のミスマッチな感じが笑えました。

日本のロボットアニメものを実写で観られた感動はあるのですが、ちょっとストーリーが子供じみてて、大人の観客にはつらいのではないでしょうか。この内容なら、90分ぐらいの上映時間でテンポ良くみせてもらった方がよかったですね。お子様が夏休みに見る映画としては、大変おもしろい作品だと思います。

スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

コメント

私も観てしまいましたよ~これ!ほぼ賛成の意見です。

chuchu姫さんへ

また・またコメントありがとうございますe-68

変身シーンはとてもよかった・・。これで、もっとストーリーがちゃんとしてればな~、という残念な作品でしたね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/92-997a30ed