サイドカーに犬 

2007/07/18 (水)

7月17日(火)に鑑賞。最近映画観てない日が続いてしまったので、足もとの悪い中(といっても車ですが)、仕事帰りにふらっとMOVIXに寄って観てきました。火曜日夜なので、お客さん一人もいないかと思ったら、10人位は来ててちょっと意外。

1980年代の夏。内気な小4の薫(松本花奈)とお父さんの愛人ヨーコさん(竹内結子)との心の交流を描いたひと夏の物語。根岸吉太郎監督作品。

お母さんが家出してしまい、その代わりにヨーコさんという謎の美しい女性が食事をつくりに現れるという一見どろどろした設定なのにさわやかな映画です。薫の思い出の夏として、過去を振り返る形式の映画になっています。

自由奔放でさっぱりとした性格の女性なのに、どこか影があって・・と難しい役どころですね。竹内結子が久々の復帰作とあって、とても魅力的に演じています。型破りで、かっこいい。この映画を観た人は、男女を問わず、みなヨーコさんを好きになってしまうと思います。

小4の薫は、ヨーコさんとは対照的に、表情はほとんと変わらないのですが、実はいろいろと考えているという繊細な女の子。ヨーコさんの大胆な行動にいつもびっくり顔してて、かわいいですね。この薫を演じた松本花奈も竹内結子と堂々と渡りあってます。小4らしさもあり、大人びた面もありでうまいですね。

お母さんから禁止されていたコーラを初めて飲んだり、補助輪なしで初めて自転車に乗れた夏。ヨーコさんと一緒に過ごした夏は薫にとって、忘れられない夏になったことでしょう。

サイドカーに犬パックマン」とか「ガンプラ」など、80年代当時のものも随所に出てきてなつかし~ですね。

最後に突然訪れる薫とヨーコさんの別れ。ドラマチックな別れの場面を勝手に期待してたら、さらっと流されてしまった感じで、あくまでも軽い、ふわっとした映画になってます。この世界観は嫌いじゃないです。見終わって、薫と同様、ヨーコさんのことが忘れられなくなるひと夏の思い出映画です。

スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/89-caef417c

竹内結子

竹内結子・埼玉県浦和市| 民族 =| 血液型 = A| 生年 = 1980| 生月 = 4| 生日 = 1| 没年 = | 没月 = | 没日 = | ジャンル = 俳優|女優| 活動時期 = 1996年 - | 活動内容 =| 配偶者 =| 主な作品 = 映画『黄泉がえり』『いま、会いにゆきます』ドラマ『あす
  • [2007/07/28 12:24]
  • URL |
  • みれいの部屋 |
  • TOP ▲