ハンニバル・ライジング 

2007/04/22 (日)

4月22日(日)に鑑賞。小山のシネマロブレにて鑑賞したのですが,日曜日とあって,お客さんそれなりに入っておりました。

ハンニバル・レクターの過去に迫るシリーズ最新作。監督は『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバー。

羊たちの沈黙』,『ハンニバル』,『レッドドラゴン』ときて,本作であります。やはり『羊たちの沈黙』がダントツのデキであることはいうまでもないのですが,その他の2作品もなかなかよかったです。

ギャスパー・ウリエルというフランスの俳優さんが若き日のレクター博士を演じております。ちょっと,アンソニー・ホプキンスに似てないですね~。面影もないし。オールバックの髪型だけ同じ。美少年すぎるんじゃないかな・・・。この人,やたら口のまわりに血をつけてる場面が多いな。ちゃんと食事したら口をふかないと,と言いたくなってしまいます。

謎の日本人役レディ・ムラサキを演じたコン・リー。この人,『マイアミ・バイス』でもそうでしたが,役に恵まれてない感じでかわいそうに思ってしまいました(余計なお世話ですが)。

レディ・ムラサキから剣道習ったり,日本のあやしげな精神を学んだり,とレクター博士のルーツは日本の文化にあったとは驚きです。日本刀とか鎧とか,ラストサムライ的な場面がやたら出てきます。

前半の戦争シーンとかが迫力があって,幼少時代の場面は結構引き込まれましたが,後半の復讐の展開になったあたりから,かなり眠くなってしまいました。

ハンニバル・ライジングいかにして,ハンニバル・レクターという人物が形成されていったのかという発想でつくられた本作ですが,必ずしもそれに成功しているとは思えませんでした。「ライジング」してない。

ハンニバル・レクターの復讐物語。復讐される人がみな悪い人ばかりなので,レクター博士が殺人を犯しても,罪悪感なく普通に見てしまいました。一応,思い出したように人食いはしてますけど・・・。この映画,若き日のレクター博士が主人公じゃなくても別によかったんじゃないでしょうか。


スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:ハンニバル・ライジング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/76-f80aaa40