それでもボクはやってない 

2007/01/27 (土)

1月27日(土)に鑑賞。先週公開されて1週間経ちましたが,座席はかなり埋まっていました。

『Shall WE ダンス?』の周防正行監督の11年ぶりの新作。満員電車で痴漢に間違われたフリーターの青年(加瀬亮)のお話。

シコふんじゃった。』,『Shall WE ダンス?』を観ていたころから,まさか11年も待たされるとは思ってもいませんでした。いや~,長かったです・・・。とりあえず,周防監督の新作が観られるだけでなぜかうれしいです。

前2作の娯楽作品とはがらりと変わって,今度はシリアスな『刑事裁判』を扱っています。とはいえ,周防監督作品なので,わかりやすく,見せてくれてます。派手な演出,場を盛り上げる音楽など一切ありません。なるべくリアルさを目指して撮っているようです。駅のホームで現行犯逮捕されてから,勾留されて,起訴されて,刑事裁判で争って,判決が宣告されるまで,ものすごくわかりやすく教えてくれるつくりとなってます。ハウ・ツー・刑事裁判もの。自分が逮捕された気分で観るとものすごく怖いです。国家に疑われるとひどい目に会うな~。裁判官も国家側に立ちがちということか・・。

最初は,他人事のように傍観していた自分でしたが,次第に他人事とは思えなくなり,怖くなってしまいました。ラストは強い怒りを残して映画館を出たのであります。

平成21年には裁判員制度も始まるということで,今のうちに,刑事裁判を予習・復習しておくよい機会かも。映画としても面白いし,ためになるしで,一石二鳥な映画でもあるのです。

昨年,『ハチミツとクローバー』,『硫黄島からの手紙』などで,存在感を示していた加瀬亮が,初主演でごくごく普通なフリーターの青年を好演してます。あと,裁判官役の小日向文世はすごかったです。この裁判官が,被告人に一番意地悪なねちっこい質問して精神的に追い詰める場面が迫力ありました。弁護人の長い弁論のときに,なにげに居眠りしてるシーンは笑いました。

それでもボクはやってない周防監督が実際に約30件の事件を傍聴したというだけあって,細部にいたるまで,やたらリアルに描いています。法廷内で裁判傍聴マニアがうろうろしていたり,裁判官が異動して,途中で交替したりと,細かいところまで映してます。異動前の裁判官と後の人とで,訴訟指揮の違いもリアル。

上映時間143分。時間を感じさせず,実際の裁判を傍聴してるような,社会派なのにわかりやすい刑事裁判入門映画でありました。



スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:それでもボクはやってない - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/66-818acac6