父親たちの星条旗 

2006/10/28 (土)

10月28日(土)に見てきました~。年配層と男性のお客さんが多かった気がします。

『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド監督の最新作。今回,イーストウッド監督は,製作と音楽も兼ねてます。音楽もされるとは・・・。スティーブン・スピルバーグも製作に加わっており,最強のコンビといった感じ。

第二次世界大戦時の「硫黄島の戦い」をアメリカ側の視点から描いた戦争映画。12月9日には,日本側の視点で描いた『硫黄島からの手紙』が公開予定です。

「硫黄島の戦い」で,英雄にされてしまった3人の兵士の過去と現在を織り交ぜつつ描かれています。「硫黄島の戦い」場面は,隠すことなくありのままの戦闘場面が描かれ,目を覆いたくなるような悲惨な場面も多々ありました。スピルバーグの『プライベート・ライアン』を思い出してしまった・・・。今作では日本兵は,ほとんど顔が見えません。

戦争からは英雄なんか生まれるはずがない,という監督の思いが淡々と語られています。国の思惑で,戦争の資金集めに都合よく利用されてしまった3人の若者たちのその後も残酷。監督の語り口は静かで,声高な感じにはなっていません。見終わってから,いつまでも心の中に監督の主張は残ります。

父親たちの星条旗ちょっと残念だったのは,主人公の3人以外の戦友たちの顔と名前が一致しなかったことです。人数が多くて覚えられず・・・。みんな軍服着てて特徴ないし・・・。

当然,『硫黄島からの手紙』も見るしかないですね~。日本側の視点ではどんな映画になっているのか,この映画を見たら絶対に見たくなります。しかも,イーストウッド監督+渡辺謙主演だし・・・。とにかく,今作は,大人向けのしっとりとした反戦映画となってます。


スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/50-bf55f636