フラガール 

2006/09/24 (日)

9月23日(土)に見てきました。先日,米アカデミー賞外国語映画部門選考に日本代表として出品されることになり話題になった作品。ついに今日から公開であります。秋は様々なジャンルの注目作が次々と公開されるので,気が抜けない状況です。

昭和40年代の福島県いわき市の炭鉱町に常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)を誕生させようとした人たちの実話を映画化。

斜陽になった炭鉱の町。そんな町の危機を救うため,自分自身を変えるため,常磐ハワイアンセンターの成功を夢みて炭鉱の娘さんたちがプロのフラダンサーを目指してがんばる姿は,おかしくも感動的で胸が熱くなります。この時代に,この町でフラダンスを踊るということは,それなりの覚悟が必要なのです。

フラの先生役の松雪泰子が完璧な演技。東京からきた訳ありプロダンサーを見事に演じてます。この先生,男気あるな~。地元の高校生役の蒼井優も相変わらず繊細な演技でマル。蒼井優の親友役の徳永えりとの友情も中盤あたりで泣かせてくれます。徳永えりがかなりよい。南海キャンディーズのしずちゃんも要チェック演技。

蒼井優の母親(富司純子)との対立も泣かせるな~(泣かされてばっかりですが・・・)。最初は娘を理解しなかった母親が,娘を理解しはじめて,陰で応援してくれたりして・・・・。

フラガール・炭鉱の町の人たちのプライドや時代の流れに逆らえないもどかしさも伝わってきますね~。

この映画に出てくる女性はみな強いです。男は引き立て役に徹してるって感じ。こういう再生の話は勇気をもらえます。

見てる間中,涙腺刺激されまくり。自然と泣けてきてしまいました。涙腺の弱い人は要注意・要ハンカチ持参。もっと笑いのある映画かと思ったら(笑えるところももちろんありますが),不覚にも涙腺ゆるみっぱなしの120分。この秋一番の要チェック必見邦画です。




スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:フラガール - ジャンル:映画

コメント

こんばんは☆

しずちゃん効果で見たさ倍増。
早く我が町にも! ・・・って来るのか?

ちなみにゲド戦記やっと決まったみたい。
10/2だとさ。
やっとだよぉ~、やっと。

つかさんへ

ど~も,こんばんは~e-323

しずちゃん,今年は映画の当たり年かも。「ラブ★コン」もよかったし・・・。使われ方もうまいな~。ちゃんと女優してますe-68

あっ,ゲド戦記,始まりましたか~e-237って,10月始まりか・・・。日本じゃ夏休み映画でしたよんe-250

そうそう、

ソウソウ、ワタシノ クニデハ ヤト ゲトセンキガ・・・
ってお~い v-222 同じ日本人ですからぁ~。

つかさんへ

日本語お上手ですね~e-237でも「ヤト」じゃなくて「やっと」ですけど・・・。あと「ゲト」じゃなくて「ゲド」だし・・・。

ああっe-330ど~もすみません,日本の方でしたか(ってわざとらしいですねe-78)。

それにしても見事なのりつっこみ,ど~もありがとうございましたe-244



フラガールe-397見たいんですよ~。
先週、文庫本のほうを読んで、すごく感動しました。
ちょうどスパリゾートハワイアンズにも行きたいe-266って騒いでいるところですしi-229
なんていいタイミングv-237

izumi☆さんへ

izumi☆さん,文庫本を先に読まれたんですか~。さすが。映画の方もぜひe-53この映画にはかなり泣かされてしまいましたよv-279
この映画の公開で,スパリゾートハワイアンズに行かれる人も増えるんじゃないでしょうか。


のぶひろさん、こんばんは^^
フラガールごらんになったのですね♪
なになに・・・涙腺がゆるみっぱなし・・?!
ほほぅ・・なかなか見ごたえ十分な感じの映画ですね。しずちゃんが出てるので、どんな感じなのかなぁ・・って思ってました。
これって、実話だったんですね。
初めて知りました。興味津々です~◎

フラガール、今年の最高傑作です

良かったですねぇ。お金をかけなくても、こんなに良い映画が作れるんだという見本みたいな作品でした。
特にラストの群舞と蒼井優さんのソロダンスは、素晴らしかった!
今年観た77本の中で、最高に感動しました。

tikoさんへ

ど~も,おはようございますv-22

フラガール。いや~,よかったな~。あっ,すんませんe-330一人でちょっと余韻に浸ってましたe-68

この映画で,フラダンスに対する見方もちょっと変わりましたね~。

柴又の怪人さんへ

初コメントありがとうございますe-53

同感ですe-68ラストもよかったな~。蒼井優のダンス,すごかった・・・。お母さんもこっそり見に来てくれたりして・・・。素直に感動できる映画でしたね~e-255

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/47-3baa63de

松雪泰子、『子宮の記憶・ここにあなたがいる』の披露舞台挨拶

松雪泰子主演映画『子宮の記憶・ここにあなたがいる』の完成披露舞台挨拶が行われた。同舞台挨拶で松雪泰子は「嫉妬も、愛の形かな」との意味深長の発言も。映画は2007年1月公開。
  • [2006/11/14 09:34]
  • URL |
  • アイドルゴシップ芸能ニュース24 |
  • TOP ▲