フランケンウィニー 

2012/12/31 (月)

109シネマズ佐野にて鑑賞。朝9時台の上映で、お客さん10人くらいでした。

ティム・バートン監督作品。同名の1984年の実写版の短編を、ストップモーションアニメで作り直したという作品。白黒です。

「シザーハンズ」、「バットマン・リターンズ」、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」などなど、自分が大好きなバートンワールド。ダークなファンタジーで、うれしい作品でした。

科学の先生や学校の同級生のキャラが気持ち悪くていいです。せむし男みたいな小学生がいい…。あと、ウンチで未来を予期する猫のエピソードがおもしろい。

ホラーの古典「フランケンシュタイン」、「ミイラ男」、「透明人間」、「ドラキュラ」…と、細かいところにオマージュが隠されてます。日本の「ガメラ」と思わせる怪獣も…。

クラスメイトの大実験の結果、街中がパニックになってしまう展開で、大喜びしちゃいました。正しい展開だ…。最後のハッピーエンディングは、いらない気がしますが、ディズニー作品だから仕方ないか…。でも、ダークに終わって欲しかった…。

100点満点中、80点。いや~楽しい。ダニー・エルフマンの音楽もいいな~。
スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/346-63469ccd

ガメラ:フランケンウィニー視聴記 2012/12/31

 ※) ロードショー公開後の映画作品に関する情報まとめ記事ですので、以下ネタバレ満開状態でございます。 そういうの苦手な方は、本項はスルーして下さいね。 昨年末ご紹介の「 ...
  • [2013/01/04 18:24]
  • URL |
  • ガメラ医師のBlog |
  • TOP ▲