花よりもなほ 

2006/06/03 (土)

6月3日(土)にMOVIXにて見てきました。20~30人の間位の客入りでした。

是枝裕和(『ワンダフルライフ』(99),『誰も知らない』(04)など)監督の最新作で,初の時代劇作品です。

元禄15年の江戸,父の仇討ちのために江戸に出てきた若侍のお話。この若侍がめちゃ弱く,逃げ足が速い,という設定がおもしろいです。

主人公を演じる岡田准一の侍役がなかなかよいです。相手役の宮沢りえは,『たそがれ清兵衛』と役どころが似ていて,ちょっと新鮮さには欠けました(とはいえ,かなりよかった)。貧乏長屋の住民たちは,みなそれぞれ個性的な役者ばかり。見終わってからも,一人一人の役どころが記憶に残る演技ぶり。個人的には,古田新太の軽い役どころ(遊び人の貞四郎)が特に気に入りました。ちょっとおバカな木村祐一もかなりよい。

花よりもなほ衣装デザイン(黒沢和子担当)が出演者の役どころにぴったり合わせてあり,遊び人の貞四郎や長屋の家主(國村準)の衣装は特に色合いがきれいでした。

貧乏長屋に住む人たちのたくましい生活ぶりが,ユーモアを交えて描かれています。主人公の仇討ちに対する考え方が,長屋の人との交流で少しずつ変わり始めていくあたりが見所。これは「報復の意義」について,考えさせてくれる映画でもあるのです。見終わって,ほっとするような,優しくなれる人情系・平和的時代劇です。

スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/33-12c38b4e