アバター 

2009/12/23 (水)

シネマハーベストウォーク(小山)にて鑑賞。公開初日でしかも祝日ということもあってか、座席がめずらしく満席に近い状態でした。映画館によっては3D映画で上映されてるのですが、ここでの上映は2Dのみでした。

ジェームズ・キャメロン監督(『ターミネーター』、『タイタニック』)の12年ぶりの新作。22世紀のお話。衛星パンドラにやって来た地球人がその星の資源を奪うため、原住民族ナヴィたちとの激しいバトルを描いた作品。

まず映像がきれいです。CG技術でお腹いっぱいになります。パンドラの風景が、なんとなく宮崎アニメっぽい。大きな岩が空に浮いてたりしてるところは『天空の城ラピュタ』、聖なる森の大木が意志を持っていたりするところは『もののけ姫』を連想してしまいます。

アバターにリンクしたジェイク(サム・ワーシントン)が原住民族ナヴィと仲良くなってしまい、地球人たちに反乱を起こす展開は『ダンス・ウィズ・ウルブズ』です。

原住民族ナヴィって、青い肌のインディアンですね。武器も弓矢。ラストでの完全武装した地球人とほとんど裸のナヴィの大バトルは最大の見せ場。

アバター『エイリアン2』のシガーニー・ウィーバーも助演してます。すっかりおばさん…、いや大人の女性になられましたな。さすがにリプリーのような大暴れの活躍はしてません。体力的に無理ですかね…。今回は科学者役で地味に活躍。

マイルズ・クオリッチ大佐(スティーヴン・ラング)。この人タフだな~。悪役なのにリプリー的活躍?を見せてくれます。パンドラの大自然を破壊しまくってくれます。ラストで、ガンダムみたいなロボットを操縦してナヴィと戦う姿は、『エイリアン2』です。この人、敵ながらあっぱれです。

上映時間162分。いろいろなテイストが詰まった作品でありました。映像的に圧倒されましたが、ストーリー的には展開に意外性がなく感動するところまでは行きませんでした。キャメロン監督なので、期待しすぎました…。ただし、ビジュアル的には高レベルの出来になってます。
スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/219-9bedde87