イングロリアス・バスターズ 

2009/11/22 (日)

シネマハーベストウォーク(小山)にて鑑賞。三連休の中日、映画館もかなりの盛況のようでした。待ちに待ったタラちゃんの新作、ようやく見ることができました。

ナチス占領下のフランスが舞台。ナチスを殺害することを任務とするアメリカ軍の極秘部隊イングロリアス・バスターズ(「不名誉な野郎たち」)を中心として話が展開。クエンティン・タランティーノ監督作品(「パルプ・フィクション」、「レザボアドッグス」)。

第一章、第二章…と話が進んでいくあたりは、タラちゃん映画の味であります。第一章からいきなり弾丸の代わりに会話が飛び交います。「ユダヤ・ハンター」ことハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の登場で緊張感たっぷりの導入。ハンス・ランダ大佐は、この映画で一番のお気に入りのキャラになりました。あのねっちこい尋問は受けたくないですな…。この映画、ランダ大佐に始まり、ランダ大佐で終わると言っても過言ではありません。ブラピの影が薄くなるくらいの活躍ぶり。

イングロリアス・バスターズを率いるアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)。ナチスを殺害して、頭の皮を100人分剥いで持って来い!と部下に命令。さすが、「バスターズ」だけある。ご親切に、頭の皮を剥ぐシーンも見せてくれます。ナチならなんでもやってもいいのか!おもいっきりナチスをバットで殴り殺すシーンも普通に見られます。

イングロリアス・バスターズ登場人物たちが突然撃ち殺されちゃったりして、こちらの予想を裏切ってくれる展開。わりとあっさり殺されちゃったなこの人、みたいな感じ。この展開も、タラちゃんの味です。

女優さんは、あまり魅力を感じませんでした。ただ無表情なブロンド美女にしか見えん。ダイアン・クルーガーとか、顔が怖いです。

戦車も銃撃戦も出てこない戦争?映画。ラストの映画館でのナチス一掃作戦。悪者が全滅してすっきり、みたいな爽快感はないです。かなり好き嫌いの分かれる映画ではないでしょうか。あと、ブラピ目当て、というだけで見に行くと失敗すると思います。タラちゃんの趣味が色濃く出ている映画。タラちゃん好きな人にはたまらん映画になってます。
スポンサーサイト

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://movie0930.blog29.fc2.com/tb.php/215-26e658d2