マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム> 

2017/01/17 (火)

109シネマズ佐野にて鑑賞。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のモノクロ版が4DXにて上映されました!もっといろんなバージョン出して欲しいな…。

前回の公開時にはカラー版の2Dを見ていたのですが、今回はモノクロということでまた違った味わい。これはこれで楽しめます!

4DXなので、煙が出たり、水が飛んだり、椅子が動きまくりで、この映画にぴったりの鑑賞法じゃないでしょうか?

わかっていても、ニュークス(ニコラス・ホルト)のラストの勇姿とか泣けるな〜。マックス(トム・ハーディ)の控えめな去り際とか最高だし…。

100点満点中、満点以上のおもしろさ!映画館で観ないと、この迫力は味わえないっす。

fc2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

007 スペクター 

2015/12/19 (土)

シネマハーヴェストにて鑑賞。

『007』シリーズ最新作。前作に引き続きサム・メンデス監督。ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドはこれで4度目だそうです。

お約束の冒頭のアクション場面は、ド派手な演出で相変わらずファンを喜ばせてくれるな〜。

前作『スカイフォール』は、アートな作風でしたが、今作は、原点に回帰してショーン・コネリーの頃のボンドを目指したな…という印象。秘密兵器的なボンドカーも登場! ジョーズほどではないですが、殺し屋も登場してボンドを苦しめます…。

未亡人のモニカ・ベルッチが、あっさりボンドに落されてる。大物女優さんなのにちょい役で贅沢な使い方だな〜。

前作で若返った「Q」(ベン・ウィショー)が今作でもオタクな活躍ぶりでうれしい限り。

100点満点中、77点。ダニエル・クレイグのボンドの総まとめ的な映画で、これで見納めか…。まだもう1本くらいはダニエル・クレイグで行けそうな気がしますが…。

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ジョン・ウィック 

2015/11/03 (火)

109シネマズ佐野にて鑑賞。

キアヌ・リーヴス主演、チャド・スタエルスキ監督作品。

亡くなった奥さんから送られた愛犬を殺された元暗殺者が、ロシアン・マフィアに壮大な復讐を始める…というお話。

ロシアンマフィアのボスの息子が、何も知らずにジョンの愛車と愛犬を殺してしまい、ジョン・ウィックの怒りを買ってしまいます…。知らないってコワイな〜。ボスは何も悪くないのに、バカ息子を持つとその代償は大きい…。

キアヌのアクションの動きがいいですな〜。接近戦で銃を使って相手を倒す、新銃術「ガンフー」(というらしい)がとても新鮮でした。次々と死体の山が築かれていきます…。

死体を片付けてくれる掃除のプロとか、殺し屋が集う専用のホテルがあったり…と裏社会のシステムの設定もおもしろいな〜。

悪役の個性が弱かったかな〜。物凄く強い敵役とかも出てきて欲しいところです。

100点満点中、70点。全編シリアスというわけでもなく、コミック的なユニークな設定もあったりと、単純に楽しいアクション作品。もう、続編製作も決定しているそうで、楽しみです。

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

キングスマン 

2015/09/22 (火)

シネマロブレにて鑑賞。

マシュー・ヴォーン監督(『キック・アス』など)作品。

昔の『007』シリーズにオマージュをささげたような作品です。スパイの秘密兵器とかめちゃ強い殺し屋の美女とか…見ていて懐かしくなります…。

主演のコリン・ファースがパブで、チンピラを一気に倒す場面やら、教会での物凄いバトル(というか大殺戮)など、とにかく殺陣が決まってます。髪型が乱れずにスーツでばっちりときめてるのがミソです。

教会での大殺戮は、完全に「R-15」な場面です。冷静に見ると(見なくても)かなりえぐいシーンです。

サミュエル・L・ジャクソンが悪役でIT企業の社長さんを演じてますが、ITの社長さんのイメージって世界的に良くないみたいです…。ソフィア・ブテラが演じた殺し屋ガゼルの足技が切れ味抜群です。足に刀?がついていて、ベテランスパイも真っ二つにされちゃいます…。

終盤の頭爆発場面とか、お下品な下ネタのラストとか…『キック・アス』的な精神はここにも流れていました。

100点満点中、80点。コリン・ファースが途中でいなくなり、タロン・エガートン君にバトンタッチしてしまったのがちょっと残念でした。コリン・ファースは最後まで残ってほしかったな〜。

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 

2015/08/22 (土)

MOVI宇都宮にて鑑賞。

トム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル』シリーズの第5弾。クリストファー・マッカリー監督作品。ちなみに、ローグネイションって、「ならず者国家」という意味らしいです。

前作『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』もかなり良かったのでこれは越えられないかな…と思いましたが、今作もかなりの痛快作でありました。

トム・クルーズって、今年で53歳なんすね。ジャッキー・チェンなみのからだの張り方でスタントも自分でこなしてるそうです。上半身はだかのサービス?ショットも披露してます…。

スウェーデン出身の女優レベッカ・ファーガソン(イルサ役)がシリーズ最強?の活躍ぶりです。バイクに乗ったアクションがかっこよい!イルサがいなかったら、イーサン・ハントは2度は死んでます。

毎回、不可能なミッションを良く考えますな…。

100点満点中、90点です。真夏にスカッと爽快なアクションっていいですね〜。この調子だと、このシリーズはトムの肉体が許す限り続くような気がします。

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画