パワーレンジャー 

2017/07/29 (土)

シネマロブレにて鑑賞。

字幕版を見たのですが、お客さん自分だけでした…。

変身するまでが長かったです。心に煩悩?があったり、みんなの気持ちがひとつにならないとパワーレンジャーになれない、という日本で生まれたヒーローらしい理屈だな~としみじみ。

5人の高校生たちのそれなりの悩みだったり、ブレックファーストクラブのような課外授業シーンとか、どこかで見たような青春映画あるあるが続きます…。日本のテレビシリーズ生まれの映画なのに、アジア系俳優さんが、日本人じゃないのが残念でした。

エリザベス・バンクス演じる悪役のリタがはじけた演技で楽しませてもらいました。

やっと変身できたと思ったら、戦闘シーンは短めで終わってしまいました。戦隊ロボの操縦はいつマスターしたんだ?

変身シーンが物足りん…。日本みたいに、ひとりずつポーズをバシっと決めてもらわないと…。

100点満点中、65点。もっと見たいな…というところで終わってしまったので、第2作も作っていただきたい。

fc2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

LOGAN/ローガン 

2017/06/17 (土)

シネマハーヴェストウォークにて鑑賞。

『X-MEN』シリーズのウルヴァリンのスピンオフ第3作目にして最終章。

ミュータントが絶滅の危機になっているらしい近未来という設定。

プロフェッサーことチャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)がぼけ老人になってます…。

治癒能力を失いつつあるローガン(ヒュー・ジャックマン)。ひげ面で治癒能力がないウルヴァリンって、ただのおっさんじゃないか〜。

助けてあげる少女があまり可愛くないな〜。これって、致命的なんじゃないか…。単なる好みの問題かもしれませんが…。

100点満点中、60点。ウルヴァリンのスピンオフって、結局パッとしない間に終わったな〜。こんなウルヴァリン、見たくない!っていうのが率直な感想です。

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 

2017/05/14 (日)

ハーヴェストウォークにて鑑賞。

ジェームズ・ガン監督作品。公開初日に職場から直行して見てきました。

言うまでもなく、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の第2弾。『パート2』じゃないのがいらっとするな…。

冒頭のベビーグルートのダンスが最高ですな…。

始まっていきなりお父さんが登場。出てくるの早いな…。しかもスネークことカート・ラッセル。

シルヴェスター・スタローンとかデヴィッド・ハッセルホフとか…80年代の人気者が出てきてなつかしいな…。

1作目でチームが出来上がっていくまでの過程が描かれてて、面白かったのですが、今回ははなし的には味が薄くなった感じがするな〜。

名前はわかりませんが、全身ゴールドの星人がいい味出してましたね…。

100点満点中、70点。1作目は越えられず…。ロケットの活躍がなかったな〜。あと、ガモーラが優しくなってる…。

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

キングコング:髑髏島の巨神 

2017/04/09 (日)

109シネマズ佐野にて鑑賞。

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督作品。

ピーター・ジャクソン監督の「キング・コング」(05)が記憶に新しいところですが、早くもリブート作品の登場ですね。

今作は、ベトナム戦争の終戦直後という時代設定。ピーター・ジャクソン監督版は、1930年代という設定だったのと大きく違うところでしょうか…。

「4DX3D」にて見たため、かなりの水しぶき?を浴びました…・。

今回のコングは、凛々しいな…。カッコイイぞ…。美女にやさしいのは、お約束。

過去の「キング・コング」は、ニューヨークに連れて来られちゃいますが、今作は「髑髏島」内での怪獣バトルに徹してて、単純に楽しいな…。

100点満点中、80点。映画終わってから席を立たずに終わりまで座ってると、次回作のゴジラ・モスラ・キングギドラ!の登場を予感させて終了!最終的には、キング・コングとゴジラが対決するそうで、いろいろと今後が楽しみっす!

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

サバイバルファミリー 

2017/03/09 (木)

ハーヴェストウォークにて鑑賞。

ある日、とつぜん電気が消滅し、自転車で東京を脱出する家族のお話し。矢口史靖監督作品(『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』など)。

ゆっくりと世界が荒廃していくゾンビの出てこない終末映画みたいな作品です。

サバイバルでまったく頼りない小日向文世のダメなお父さんっぷりが最高です…。職場を気にしてる場合じゃないのに、仕事からなかなか離れられない仕事人間ぶりもさすが。普段えらそうにふるまっているだけに、いざとなったら全く役に立たない…。

魚をさばけないお母さん役の深津絵里も夫に次いで頼りないな…。

大学生の息子賢司(泉澤祐希)と高校生の娘の結衣(葵わかな)も、スマホやら便利グッズやらを使いこなしてるだけに、後の展開でひどい目に合います…。

いざとなったら、キャットフードの缶詰もごちそうなのかな…まずそうだったけど。エンジンの冷却水とか飲めるんですね…。水族館の魚もいざとなったら、食糧に…。

藤原紀香と時任三郎が演じる夫婦が何かイラっとするわ〜。いわゆる意識高い系…。

100点満点中、70点。自分だったらどうサバイバルするかな〜と思いながら鑑賞。「3.11」を思い出してしまう映画であります。

fc2ブログランキング

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画